葬儀を執り行う前に駐車場も見ておくべき

葬儀を執り行う前に駐車場も見ておくべき

葬儀を執り行うときには、様々なポイントを確認しておかないといけません。特に遠くから参列してくださる方の負担を軽くするためにも、より参列しやすい葬儀となるよう心がけておくべきでしょう。そこで、そのような葬儀にするためにも、駐車場について確認しておいてみてはいかがでしょうか。 電車で向かっている方もいると思いますが、やはり自動車でこちらに向かっている方も多いはずです。また、近くに住んでいる人でも自動車で向かっている人は多く、それだけ駐車場が必要になってくるでしょう。 そこで、ある程度人数が分かった後には、どのくらいの広さの駐車場が必要なのか確認しておきましょう。そこから式場を選ぶことで、よりスムーズに葬儀場を選べるはずです。 よりスムーズに葬儀場を選ぶためにも、この駐車場をよく見ておきましょう。葬儀を成功させるためにも、ここで躓いてはいけません。また、自動者の数を考えるときには、葬儀参列者の家族連れの数などを考えておくとよいでしょう。


葬儀に使用するお花について

葬儀を行っていく上で、お花の存在はとても大切です。 白と黒が多く目に付く日本の葬儀では特に、空間全体に柔らかい印象を持たせる役割があります。 お花をたくさん用いることで、極楽浄土や天国といった故人をおくる先を思い浮かばせる効果もあり、遺影にうつる故人を温かく見送ることができます。 葬儀に出席できない場合においても、弔電とあわせて花輪などのお花を贈る場合があります。

お花を贈る際に気をつけなければいけないのは、故人の宗派を把握しなければいけないという点です。 葬儀のお花は、宗派ごとに違っており、仏式や神式であれば菊・蘭・白百合などの白を基調とした花を贈るのがマナーです。 その一方でキリスト式では白百合の生花と決められています。白百合は聖母マリア・キリスト教の象徴とされている花だからです。

そのほかに故人にガーデニングなどの趣味があれば、故人の好きだった花を贈るという風習もありますが、いずれの場合においても、葬儀の場を柔らかく支える香りのきつすぎないお花を選ぶことが大切です。

Calendar