葬儀の際の女性の服装について

葬儀の際の女性の服装について

葬儀で気になることのひとつに、葬儀の際の服装というのがあります。 特に女性の場合、男性とは異なり、色々と身だしなみに気をつけなければならないことも多いもの。 女性が葬儀に参列をする場合には、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。 まずは着る服ですが、葬儀の差異には基本的には黒い服を着用します。 スカートスタイルでもパンツスタイルでも、別に構いません。 ただし、スカートスタイルにした場合には、生足はあまり好ましくはありませんので、ストッキングをはくようにしましょう。 そのストッキングも、葬儀の場だというのにラメ入りであったり、派手なカラーストッキングというのは、もってのほかです。 最近では、模様の入っているストッキングもあるようですが、葬儀の場にはふさわしくありません。 肌色、もしくは黒の無地のストッキングを着用するようにしましょう。 靴に関しては、あまり派手過ぎない黒の靴を。 だからと言って、エナメル地のぴかぴかな靴はNGです。


無宗教での葬儀で注意すべきこと

近年では、宗教色にとらわれないことを願う人や、自分らしいやり方でこの世との別れを告げたいという理由で、無宗教の葬儀を望む人が増えてきているといわれます。しかし実際のところ、日本で行われる葬儀は仏式が大半です。 無宗教での葬儀を行うときの最大の問題は、親族の理解が得にくいということです。読経や焼香がない葬儀では故人が成仏できないという考えや、親戚が特定の宗教を信仰しているなどという理由で反対されることが多くなっています。遺族から無宗教で葬儀を行いたいという声があっても、親族の反対によってかなわなかった例は少なくありません。こうした際には、近年やはりムーブメントになっている故人のエンディングノートを示して理解してもらえるといいでしょう。 また、お墓の問題もあります。代々のお寺があると、仏式の葬儀を行わないと戒名がもらえないこともあるのです。了承を得られない場合には、宗教を問わない墓地に新たなお墓を用意することになることもあることを覚悟しておきましょう。

Calendar