葬儀の喪主になった時には

葬儀の喪主になった時には

これから葬儀の喪主を務める、という方もいるでしょう。また、これから初めてのも主だ、という方も、多いのではないでしょうか。初めての喪主というのは、どうしてもよくわからないことも多く、大変な思いをするかもしれません。そこで、事前に喪主しての役割を知っておくことで、準備をしておきましょう。 弔問に対する返礼をすることは、喪主にとって最も大きな仕事といえるでしょう。ここで気をつけたいのは、誰に対しても同じような反応をし無くてはならない、ということです。たとえ友人が弔問に来たとしても、あまり話し込んではいけません。周りと同じ反応をしないと、他の参列者の方に失礼になってしまうためです。 また、僧侶をもてなすことも役割に当たります。打ち合わせなどもありますし、控室でもてなすことも必要になりますので、注意しておきましょう。 喪主を務めることは想像以上に大変かもしれませんが、しっかりと準備をしておけばその負担を軽くすることができるはずです。


葬儀に参加する時の服装にもチェックする

まず葬儀はおめでたい事ではありませんので、しっかりと場所を考えた服装をしていく事になります。基本的には黒を中心とした格好をしていくことになりますので、急に葬儀に参加する事になった場合、対応する事ができるように予め準備しておいた方が絶対にいいです。葬儀に参加するにも関わらず、あまりにも派手な格好で参加してしまうと、周りから軽蔑の視線を浴びる事になりますし、悪い印象を周りの方に与えてしまうので気を付けてください。子供が参加する時も理想としては、黒を中心とした服装でまとめるのが一番いいのですが、持っていない子供も多いと思いますので、その時は学校で着用している時の格好でも問題ありません。あまりにも場違いの服装だけは絶対にしないようにして下さい。葬儀は服装も大切なポイントであり、あまりにも派手な服装や場違いな服装をしてしまうと大変失礼です。葬儀に参加する時は、黒を中心とした服装でまとめていただき、失礼のないように参加していただきたいです。

Calendar